ご相談・調査依頼はお気軽に!

048-699-4388

【受付時間】9:00~18:00(定休日:火・水・祝)

menu

モルタル壁によくある劣化とは

外壁素材としてモルタルは最も多く利用されている素材です。
費用が手頃な上に塗装もしやすいことから、一般的に使われている素材となっています。

 

ひとつだけ難点があるとすれば、それはクラックが起きやすい点でしょう。クラックとはヒビのことです。
特性として、モルタルは熱くなると膨張、寒い時期は伸縮するため、次第に壁が劣化し、ヒビが入ってしまうことがあります。

 

そしてヒビが入ると雨水が内部に入り込んで、建物の躯体を劣化させることになります。
そのために定期的にメンテナンスを行い、塗装もし直すことが必要となります。
またモルタルはカビやコケが生えやすい、高圧洗浄機などで定期的に汚れを落とした方が長持ちするといった特徴もあります。
見た目を綺麗にしておくことも大切なメンテナンスです。

 

適切なメンテナンスを行うことによって、建物は長持ちするようになります。
その中でも外壁は最も寿命を左右する部分となるので、こまめにヒビのチェックなども行うことが大事です。

 

もし発見したならば、早急に適切な処置を行っておくことで建物を劣化から守ることにつながります。

 

お気軽にご相談ください!

関連記事

PAGE TOP

LP誘導バナー