カバー工法のメリットとは

カバー工法のカバーには、上から覆うと言った意味があります。
よってカバー工法は、従来の屋根材の上から新たな屋根材で覆う工法と言う意味があります。

屋根をリフォームする際の工法のひとつとして採用されています。
カバー工法のメリットとしては、従来の屋根材を撤去しなくて済む分、費用が安くつくと言う点が挙げられます。

勿論、撤去した屋根材を処分するための費用も、この工法においては不要です。

また従来の屋根材を撤去しなくても良いので、それ以外の工法に比べると工期が短期間であると言うのもメリットです。

ですから特に急ぎの場合には非常に適した工法だと言うことができますし、手軽に行うことができやすい工法だとも言うことができます。

従来の屋根材のを新たな屋根材でカバーするので、基本的には廃材と言うものが発生しないと言うのもメリットです。

そしてカバー工法は、いわば屋根が二重構造になると言うことができる工法です。

よって元の屋根に断熱、防音の効果が得られることもあると言うのもメリットのひとつです。

屋根や従来の屋根材との相性もありますが、カバー工法によりこのようなメリットが得られると言うのは大きな魅力です。

目次