雨漏りのサインとは?セルフチェックできる?確認すべき箇所について解説

お役立ち情報

雨漏りはどこを見れば分かる?

普段生活している中で、雨漏りが心配になることがあるかと思います。

雨漏りは業者に頼めば診断してくれますが、実は雨漏りは簡単ではありますが、セルフチェックもすることができるのです。今回は雨漏りのセルフチェックすべき箇所について解説いたします。

壁や天井に膨れている箇所がある

雨水が壁や天井に侵入すると、材料が劣化し、膨れてしまいます。

膨れたままを放置してしまうと、やがて雨漏りが発生してしまいます。

特に雨樋の取り付け部分、屋根と外壁の接続部分は雨水が侵入しやすいので要注意です。

部屋がカビ臭い

部屋がカビ臭いと感じたら、雨漏りしている可能性があります。

カビは湿気が多いところで繁殖しやすく、壁、天井、床が濡れ、材料や木材が濡れることにより、カビが発生します。

カビを放置すると、どんどん広がり、表面だけではなく、クロスの裏側まで広がってしまい、除去が難しくなってしまうので、要注意です。

サッシが濡れている

天井からの雨漏りより、サッシからの雨漏りの方が規模が小さいです。

しかし、サッシからの雨漏りでも放置してしまうと見えないところで雨漏りが進行し、深刻な事態に陥ってしまいます。

サッシが濡れていたら、雨漏りをしているサインなので早急に対応いたしましょう。

天井・壁材・クロスが剥がれている

天井、壁材、クロスが剥がれているというのは、内部に雨水が侵入しているからです。

さらに雨染みという染みが出ていたら、雨漏りの可能性がさらに高いです。

一般的に天井の耐用年数は10年ほどなので、それより早く剥がれていたら、雨漏りを疑いましょう。

ベランダ・バルコニーにカビが発生

ベランダやバルコニーにカビが発生していたら要注意です。

ベランダやバルコニーは直接雨に濡れるため、雨漏の原因となりやすい箇所です。

ベランダからの雨漏りはなかなか直りづらいので進行する前に、定期的にチェックしましょう。

外壁にひびがある

紫外線などによってモルタルやコンクリートが乾燥し、外壁にひびが入ることがあります。

外壁のひびから雨水が侵入してしまい、雨漏りの原因となります。

外壁にひびがあった場合は、塗装業者に連絡してすぐに補修してもらいましょう。

雨漏りのサインを見逃さずに

雨漏りのサインは普段から意識していないと見つけることが難しいです。

雨漏りは経年劣化だけではなく、家を建てた時の設計や施工ミスにより、起こることがあります。

また突発的な大雨や台風などの自然災害にて起こることもあります。

雨漏りが進行してしまうと、高額な修理費用がかかったり、床や天井が抜けてしまったり、大地震が起きた際に倒壊してしまうリスクもあります。

雨漏りが進行しないように、定期的なチェックが必要です。

以下にベランダ・バルコニーの雨漏りの原因についてまとめた記事がありますので、よろしければこちらも併せてお読みください。

404 NOT FOUND | イロハトワン
埼玉県上尾市発、光触媒の外壁塗装・屋根工事等承ります

まとめ

今回は雨漏りのセルフチェックの箇所について解説させていただきました。

あくまでセルフチェックは簡単なチェックですので、定期的に専門業者に診断してもらうことをおすすめいたします。

イロハトワンでは、埼玉県内にて雨漏りの診断もやっておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。